• トップページ|給与計算、助成金申請のことなら特定社会保険労務士 安部田社会保険労務士事務所
  • 給与計算、助成金申請のことなら特定社会保険労務士 安部田社会保険労務士事務所の業務内容
  • 給与計算、助成金申請のことなら特定社会保険労務士 安部田社会保険労務士事務所の労務コンサルタント
  • 給与計算、助成金申請のことなら特定社会保険労務士 安部田社会保険労務士事務所の給与計算
  • 給与計算、助成金申請のことなら特定社会保険労務士 安部田社会保険労務士事務所の助成金申請
  • 給与計算、助成金申請のことなら特定社会保険労務士 安部田社会保険労務士事務所の事務所概要

給与計算,助成金申請手続き代行,労務コンサルティング,社会保険の手続き,顧問契約等 topimg

給与計算

給与計算のアウトソーシングを行い、本業に力を入れたいという経営者様も多く、早い段階で当事務所に給与計算業務をご依頼頂くケースも増えています。
当事務所では、安心して任せて頂ける給与計算サービスをご用意しております。

サービス導入事例紹介(実際にあった事例を紹介いたします。)


【CASE1】担当者が急に退職した場合  

 女性社員が、夫の転勤により急に退職することとなった。給与計算業務はその女性社員が専属で
 長年担当していた為、他の従業員ではすぐに対応することができない。

     アウトソーシングの効果
 
 ◆新人へ引き継ぐ場合は、引き継ぎ期間を2〜3カ月が必要だと想定していたが、
  アウトソーシングに出したことで1〜2カ月で済んだ。
  また、今までやってきた
ことの見直しをすることができ、業務の効率化が図れた。
 ◆担当者の退職リスクを考える必要がなくなった。
 ◆給与計算ソフトのメンテナンス費用、消耗品の費用が不要となった。
 ◆専門家に任せることにより給与計算の間違いが無くなった。

 

【CASE2】管理部門の経費削減を考えた場合 その1   

 パート3名で給与計算を担当させているが、なかなか効率が上がらない。
 本当に3名も必要かとも思うが、専門知識を持った社員を雇用しようとするとコストが
 高くつくため、この際、パートから外注へ切り替えるとどうなるか検討してみた。

     アウトソーシングの効果
 
◆パート1名分以下のコストで完全に外注化できた(コストメリット約200万円)。
◆給与計算ソフトのメンテナンス費用、消耗品の費用が不要となった。
◆専門家に任せることにより給与計算の間違いが無くなった。


【CASE3】管理部門の経費削減を考えた場合 その2

 給与計算業務を主な業務として従業員を1人雇っているが、給与計算する時期、
 年末調整をする時期には残業が続くことが多いが、その他の時期は時間を持て余している。
 アウトソーシングした方が経費の削減になるのではないか。

    アウトソーシングの効果
 
◆人件費が削減できた。
◆給与計算ソフトのメンテナンス費用、消耗品の費用が不要となった。
◆専門家に任せることにより給与計算の間違いが無くなった。



  自社計算・給与計算代行の比較
  自社で給与計算 当事務所で給与計算代行
初期費用 給与計算ソフト費用:
       約150,000円
初期設定費用:21,000円
月間費用 約7,000円+消耗品(給与明細等)+人件費 31,500円(20人まで)
(有名ソフトの場合の保守費用) 以降10人毎10,500円
初期設定作業 自社社員が給与項目を設定し、従業員データを入力します。 当事務所が代行
(初期費用に含まれる)
セキュリティ 給与額などの情報漏洩は社内処理中の漏洩や(見えてしまう)従業員同士の会話による場合が多いと言われています。
給与担当者退職のリスク リスク高い リスク低い
給与に関係する改正などの対応 社会保険や雇用保険・源泉税の知識をタイムリーに把握する必要があります 法律の専門家が対応します。
給与〆日や年末調整時期などの繁忙期 繁忙期ができてしまう 繁忙期解消


  給与計算サービスについて
  初期設定費用(税込)
   20人まで:21,000円
   21人以上:31,500円

    ※但し、当事務所指定のエクセルファイルで社員様データをいただける場合の費用となります。

人数 月額金額 タイムカード
1〜4名 5,250円 5,250円
5〜9名 15,750円 10,500円
10〜20名 31,500円 21,000円
21〜30名 42,000円 ご相談
31〜40名 52,500円
41〜50名 63,000円
51〜60名 84,000円
61〜80名 105,000円
81〜100名 126,000円
  ※但し、エクセルファイルで社員様データをいただける場合の費用となります。

●給与計算業務に含まれる基本内容
・市区町村ごとの住民税管理
・給与明細書の発行
・振込一覧表・源泉所得税納付金額一覧表の発行
・月次賃金台帳の発行
・FBデータの作成

●給与計算業務に含まれない内容
・労働保険年度更新
 (21,000円/10人 以降10人毎5,250円)
・社会保険料算定
 (21,000円/10人 以降10人毎5,250円)
・賞与計算
 (21,000円/10人 以降10人毎5,250円)
・年末調整
 (2,100円/人〜)
・住民税納付書、源泉所得税納付書の作成
 (525円/枚)
・住民税に関する退職者の移動届の作成
 (525円/枚)
・タイムカードの集計

                              詳しくはお問い合わせください。